法律に詳しい

東京などにいる司法書士は法律に詳しいため、難しい問題を法律に則って解消してもらうことが出来ます。相談を重ねていって、最善な解決方法について司法書士から提案を行ってもらうようにしましょう。

この記事の続きを読む

競売に掛かる前に

任意売却は競売よりも高い価格で取引を行ってくれるので、これらの売却方法について相談を行う人が増えてきています。ローンが支払えなくなってしまった場合は、専門の事務所に訪れてみると良いでしょう。

この記事の続きを読む

当事者同士の話よりも

離婚を行なうにあたって慰謝料を相手に請求するパターンは珍しくありません。弁護士によって正しい額を算出してくれるので、最も妥当な金額で取引を進めていくことが出来るので、依頼して損はありません。

この記事の続きを読む

夫婦で相談している様子>

遺産を相続

相続税の計算アプリは誰でも手軽に診断することが出来ます。相続税の支払いに備えて事前に準備しておきましょう。

もうひとりで悩まないで。任意売却の相談ならプロにおまかせしませんか?まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

遺産を相続した場合には,相続税がかかります。 相続税の計算に当たっては,なにが課税対象となる相続財産かということと,基礎控除額の範囲が大切になります。 なぜなら,相続財産が,国が定めた基礎控除額を超えた場合に課税されるからです。 まず,課税の対象となるものについてです。いうまでもなく相続によって得た不動産や金銭,金融資産や,債権は課税の対象です。また,遺贈によって得た財産や,相続開始前3年以内の贈与財産も課税の対象となります。さらに,死亡保険金や死亡退職金なども相続財産ではないものの,課税の対象となります。 一方,債務や葬式費用などは課税の対象から外れます。 次に,基礎控除についてですが,これは後述する「相続税の計算方法」でご説明します。

相続税の課税対象の額が確定すれば,これから基礎控除額を引いたものに,相続税が課税されます。 基礎控除額は,法定相続人の人数によって変わります。平成27年1月1日以降が相続の開始した日であれば,「3000万円+600万円×法定相続人の人数」が基礎控除額になります。 法定相続人が誰になるかは,民法によって定められています。たとえば,妻と子供2人が法定相続人の場合は,4800万円が基礎控除額となります。 相続税の計算については,国税庁のホームページなどを参考にすれば,計算することはできます。もっとも,ある程度の法律知識が必要ですので,正確に計算したい場合は,弁護士や司法書士,税理士などに相談してみましょう。

大阪で相続問題解決や会社設立の相談をするなら法律に詳しいプロに依頼しましょう。一歩先を読んであなたに合った解決策を考えます。